Kiku_log

30独身男の仕事、趣味、そして人生のこと

プレミアムな特急「しまかぜ」で行く30男のぼっち「お伊勢参り」(後編)

外宮参拝後に急きょ、二見浦に行くことにしました。

二見浦について調べてみると、伊勢参りをする際はこちらで

禊(みそぎ)をして身を清めるのが習わしとのこと。

二度見してしまうほど美しい二見浦へ

伊勢市駅に戻り、参宮線で二見浦に向かいます。

鳥羽行きの快速が出たばかりなので、30分くらい駅で待つことに。

二見浦駅伊勢市より2駅 片道¥210)

f:id:kiku0309:20170128100034j:plain

二見輿玉神社(二見浦駅より正面の参道を通り徒歩15分程度)

f:id:kiku0309:20170128100113j:plain

 煩悩が渦巻いたまま外宮に参拝してしまいましたが、内宮は清らかな気持ちで

参拝したい! と思って立ち寄ってみたものの・・・



荒れる海!吹きすさぶ寒風!!

f:id:kiku0309:20170127065338j:plain


こんなところで禊をしたら、煩悩ごと体まで沖に流されて海の藻屑

なってしまいそうなので、心の中で心身を清めました。

二見輿玉神社では夫婦岩と呼ばれる岩があり、夏至のころには

大注連縄の間から昇る朝日がそれはそれは美しいとのこと。

いつか見てみたいものです。(狙っていかないと難しいでしょう)

仲睦まじい夫婦岩・・羨ましい!

f:id:kiku0309:20170127065157j:plain

二見興玉神社で今年こそ!良縁に恵まれるように真剣に祈願していたのに騒がしい

団体客が押し寄せて台無しに(怒!)なぜ、厳粛な気持ちで参拝できないのか!


独り身の惨めさを噛みしめつつ、いつか夫婦になってくれる人が現れることを

信じて二見興玉神社を後にしました。

 

再び伊勢市、そして内宮へ

伊勢市の駅に戻ったのが15時頃、いよいよ内宮へ向かいます。

駅前から内宮行きのバスに乗車。内宮と外宮が結構離れていることに驚きました。

バスで15分程で内宮に到着 ※外宮前からも乗車可能です。

f:id:kiku0309:20170128100856j:plain

こちらも平日は思えないくらい参拝客で賑わっておりました。3年前(2013年)の

式年遷宮の時はどれほどのものだったのか、想像もつきません。

f:id:kiku0309:20170128100948j:plain

五十鈴川のほとり

f:id:kiku0309:20170128101014j:plain

正宮 ※最も神聖な場所のためか石段の下からのみ撮影可

f:id:kiku0309:20170128102000j:plain

 

参拝を終えて~

参拝後、内宮から歩いてすぐのおはらい町をぶらぶら散歩しました。

f:id:kiku0309:20170128101310j:plain

小腹がすいたので、タコ(¥350)と牛串(松坂牛!¥800)を買って食べ歩き。

f:id:kiku0309:20170128101401j:plain

友達や家族と歩くと楽しいんだろうなぁ。と、ぼっち歩きで悔しさを噛みしめました。


猿田彦神社前のバス停から伊勢市駅に戻り、今日の夕飯を探します。

一人旅で使うビジネスホテルは大抵の場合、夕食付きプランがないので

夕食を探さなければなりません。

夜の伊勢市駅前は昼とはうってかわって閑散としています。

f:id:kiku0309:20170128102846j:plain


ようやくお店を探して入りましたが、中はお店の人以外は自分ひとり(驚)!!

このバツの悪さは久々です。大エビフライとタコから揚げ定食(¥1,080)

平らげ、この日はホテルに戻りました。

f:id:kiku0309:20170128102711j:plain

 

この日だけで伊勢神宮参拝と「しまかぜ」に乗るという今回の旅の目的は、

ほとんど果たしてしまったので、翌日は名古屋に戻り「リニア・鉄道館」

行きました。(この話はまた次の機会に)