男前になりたい!!!

30男が限られた人生をいかに有意義に使うかを考えるブログ

快眠を手に入れるために「してはいけないこと」

30代になってよく思うようになったのは

「眠りが浅くなった」「寝付きが悪くなった」ということ。

10~20代と比べると睡眠の質が下がっている気がする。

(下がっていないにしても質が変わったとは思う)

 

睡眠の質が仕事どころか人生に影響を及ぼすということはよく言われている。

人生の1/3を睡眠に費やしているのだから当然だ。

今回は寝る前にしてはいけないことをまとめてみた。

 

眠る前にしてはいけないこと

1.寝る直前の食事

 成長ホルモンの分泌を阻害する。このホルモンは疲労回復を促すため、

 寝る前の食事によって翌朝の疲労が抜けなくなってしまう。

 →残業などで帰宅が遅くなる場合は早めの食事を!

 

 2.スマホ・PC・テレビ(光るもの全般)

 言わずとしれた「ブルーライト」。波長の短い光は脳の覚醒を促すため、

 眠る前には禁物。寝室に持ち込まないのがベスト

 スマホは充電器を玄関に置くなど、ベッドから距離を置く工夫を

 

3.ベッド上での食事、仕事など

  ベッドを「眠る場所」として条件付けすることでスムーズな眠りに

 入ることが出来る。ベッドで仕事や食事をしてしまうと条件付けが出来なくなる

 →ベッドは「睡眠」と「セックス」だけに使う!

 

まとめ

まだまだ快眠のために「してはいけないこと」はあるが、

割とやりがちな3つについてまとめてみた。

 

睡眠が覚醒中のパフォーマンスに影響することは、よく知られている。

充実した人生(たいていは起きている時間のことだと思う)を送るために

眠っている時間を大事にしたい