読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kiku_log

30独身男の仕事、趣味、そして人生のこと

突然、1週間休みが出来たら何をしますか?

 

また、ブログを放置してしまいました。

なんか書かなきゃなー」なんて思いながらブログを放置していたら

はてなブログから「そろそろ次の記事を書きませんか?」なんて催促のメールが来ました。

誰かに催促されないとやらないなんて社会人にあるまじき行為!ということで

思いついたネタがこれ!「突然、1週間休みが出来たら何をしますか?

突然できた休みで出来ることを考えてみました。

 

続きを読む

人生を充実させるためにマイルールを作る!

皆さんは「マイルール」ってありますか? 文字通り自分自身のルールです。

 

有名なところではイチロー選手が打席に立つときのルーティンや

スティーブ・ジョブズの「いつも同じ服を着る」などがあります。

イチロー選手であれば、「常にベストコンディションで打席に立つため」、

スティーブ・ジョブズは「服を選ぶ時間をなくし、もっと重要な決断をするため」

など、彼らが偉業を成し遂げた一因はマイルールを自分に課し、

それを実行したことではないでしょうか。

 

続きを読む

今までに断捨離したもの。これからしたいもの。

断捨離

昨年から自室の断捨離をしています。

きっかけは狭い部屋にモノがあふれてしまい、探し物にかける時間が

もったいなく感じたり、イライラするようになったことです。

部屋は住んでいる人を映す鏡のようなもので、モノに占領された部屋は

自分の人生の縮図のように思えました。

 

ちょうど人事異動で職場も変わり、部屋と一緒に生まれ変わるつもりで

大規模な断捨離を敢行しました。まだ、満足いく結果にはなっていませんが、

これまでに断捨離したものを紹介します。

 

続きを読む

思い出を断捨離するために(VHSをデータ化)

断捨離

どうも。久々に更新します。

ブログ初心者のクセに記事を何本か書いて、ほったらかしにしてしまいました。

さて、今日は断捨離の話です。

続きを読む

プレミアムな特急「しまかぜ」で行く30男のぼっち「お伊勢参り」(後編)

旅日記

外宮参拝後に急きょ、二見浦に行くことにしました。

二見浦について調べてみると、伊勢参りをする際はこちらで

禊(みそぎ)をして身を清めるのが習わしとのこと。

二度見してしまうほど美しい二見浦へ

伊勢市駅に戻り、参宮線で二見浦に向かいます。

鳥羽行きの快速が出たばかりなので、30分くらい駅で待つことに。

二見浦駅伊勢市より2駅 片道¥210)

f:id:kiku0309:20170128100034j:plain

二見輿玉神社(二見浦駅より正面の参道を通り徒歩15分程度)

f:id:kiku0309:20170128100113j:plain

 煩悩が渦巻いたまま外宮に参拝してしまいましたが、内宮は清らかな気持ちで

参拝したい! と思って立ち寄ってみたものの・・・



荒れる海!吹きすさぶ寒風!!

f:id:kiku0309:20170127065338j:plain


こんなところで禊をしたら、煩悩ごと体まで沖に流されて海の藻屑

なってしまいそうなので、心の中で心身を清めました。

二見輿玉神社では夫婦岩と呼ばれる岩があり、夏至のころには

大注連縄の間から昇る朝日がそれはそれは美しいとのこと。

いつか見てみたいものです。(狙っていかないと難しいでしょう)

仲睦まじい夫婦岩・・羨ましい!

f:id:kiku0309:20170127065157j:plain

二見興玉神社で今年こそ!良縁に恵まれるように真剣に祈願していたのに騒がしい

団体客が押し寄せて台無しに(怒!)なぜ、厳粛な気持ちで参拝できないのか!


独り身の惨めさを噛みしめつつ、いつか夫婦になってくれる人が現れることを

信じて二見興玉神社を後にしました。

 

再び伊勢市、そして内宮へ

伊勢市の駅に戻ったのが15時頃、いよいよ内宮へ向かいます。

駅前から内宮行きのバスに乗車。内宮と外宮が結構離れていることに驚きました。

バスで15分程で内宮に到着 ※外宮前からも乗車可能です。

f:id:kiku0309:20170128100856j:plain

こちらも平日は思えないくらい参拝客で賑わっておりました。3年前(2013年)の

式年遷宮の時はどれほどのものだったのか、想像もつきません。

f:id:kiku0309:20170128100948j:plain

五十鈴川のほとり

f:id:kiku0309:20170128101014j:plain

正宮 ※最も神聖な場所のためか石段の下からのみ撮影可

f:id:kiku0309:20170128102000j:plain

 

参拝を終えて~

参拝後、内宮から歩いてすぐのおはらい町をぶらぶら散歩しました。

f:id:kiku0309:20170128101310j:plain

小腹がすいたので、タコ(¥350)と牛串(松坂牛!¥800)を買って食べ歩き。

f:id:kiku0309:20170128101401j:plain

友達や家族と歩くと楽しいんだろうなぁ。と、ぼっち歩きで悔しさを噛みしめました。


猿田彦神社前のバス停から伊勢市駅に戻り、今日の夕飯を探します。

一人旅で使うビジネスホテルは大抵の場合、夕食付きプランがないので

夕食を探さなければなりません。

夜の伊勢市駅前は昼とはうってかわって閑散としています。

f:id:kiku0309:20170128102846j:plain


ようやくお店を探して入りましたが、中はお店の人以外は自分ひとり(驚)!!

このバツの悪さは久々です。大エビフライとタコから揚げ定食(¥1,080)

平らげ、この日はホテルに戻りました。

f:id:kiku0309:20170128102711j:plain

 

この日だけで伊勢神宮参拝と「しまかぜ」に乗るという今回の旅の目的は、

ほとんど果たしてしまったので、翌日は名古屋に戻り「リニア・鉄道館」

行きました。(この話はまた次の機会に)

プレミアムな特急「しまかぜ」で行く30男のぼっち「お伊勢参り」(前編)

旅日記

こんにちは。キクヤです。

急きょ、予定していた仕事がキャンセルになってしまったので、

溜まっている休暇の消化もかねて伊勢神宮に行ってきました。

 

なぜ、伊勢神宮なのか?理由は簡単。まだ行ったことがないから。

そして、今回の旅行は完全に思いつきなので、

比較的近場で一泊がちょうどいい距離を設定したら、伊勢神宮になりました。

 

プレミアムな風に乗りたい!

さらに今回の旅には、もう一つ目的があります。

近鉄(関西・中京圏の私鉄、近畿日本鉄道のことです。念のため)が誇る

プレミアムな特急「しまかぜ」に ぜひ乗ってみたい!

 

とはいえ、「しまかぜ」は予約の取れない人気列車・・・。ダメでもともと。

いっちょやってみっか!!

 

ということで、ネット予約を開くと・・・。あっさり取れてしまいました。

まぁ、こんな中途半端な時期の平日ですからね。

 というわけで、念願叶って「しまかぜ」でプレミアムお伊勢参り

行くことになりました。

 

新幹線で10時前に名古屋に到着。チケットカウンターでネットの予約番号を伝え

無事にチケットを入手し、ホームで「しまかぜ」との対面を待ちます!

 

 10時20分頃 「しまかぜ」近鉄名古屋駅に入線

f:id:kiku0309:20170127180424j:plain

デビューから少し経ちましたが、それでも人気は衰えず。爽やかなカラーと

端正なフェイスで、あっという間にホームで撮影会が開かれました!

 しまかぜのエンブレム

f:id:kiku0309:20170127192450j:plain

では、プレミアムな旅へ出発!

f:id:kiku0309:20170126214635j:plain

噂には聞いていましたが、窓がデカい!

個室やサロン席、カフェテリアなど観光に特化した車内。

そしてプレミアムな革張りシートに¥820の追加料金で乗れるなんて!

すごいよ!近鉄さん!! ※「しまかぜ」の車内探訪はまた後日。

 

あっという間に目的地である伊勢市に到着。その間75分。早っ!

f:id:kiku0309:20170126214545j:plain

お客さんも結構な数がここで下車しました。

グッバイ!しまかぜ!

 

まずは腹ごしらえ

伊勢市には11時40分着。ちょうどお昼どきです。

伊勢市駅

f:id:kiku0309:20170127185745j:plain

ホテルに荷物を預け、ちょうど隣にあった美味しそうなお店に即決で入りました。

伊勢市駅前の満船屋さん

f:id:kiku0309:20170126215138j:plain 

 伊勢うどんと手コネセット

f:id:kiku0309:20170126215224j:plain

伊勢うどんと手コネセット(¥1,100)を注文。

手コネとは伊勢名物の漁師めしだそうです。そして伊勢うどん。醤油のようなたれがおわんの底に入っており、それを太麺に絡めて頂きました。美味しい!

伊勢名物が同時に味わえるなんて一挙両得!

お店も(接客、室温ともに)温かく、幸先のいいスタートが切れました。

 

そして徒歩で外宮(げくう)へ

腹ごしらえも終わり、いざ伊勢神宮へ!

 伊勢神宮天照大御神を祀る内宮(ないくう)と、豊受大御神を祀る

外宮(げくう)の二つの正宮からなるとのこと。

道の案内板を見ると「外宮まで500m」の文字が。「なんだ近いじゃん!」

伊勢市駅から参道をテクテク歩いて行くと、間もなく外宮の入り口に到着。

f:id:kiku0309:20170127182353j:plain

鳥居をくぐり外宮を参拝します。

f:id:kiku0309:20170127191515j:plain

勾玉池

f:id:kiku0309:20170127191551j:plain

神宮の中は平日にもかかわらず大勢の参拝客で賑わっていました。

外宮正宮

f:id:kiku0309:20170127182636j:plain

外宮にお祀りされている豊受大御神は衣食住、ひいては産業の守り神とのこと。

満足な衣食住を与えられている今の環境に感謝しつつ、お参りを済ませました。

 

外宮の参拝が終わり、スマホで情報収集すると二見浦という場所の情報が。

なんでも二度振り返ってしてしまうくらい景色の美しいところだとか。

 

また、二見輿玉神社には縁結びのご利益があるそうで。

今年こそ!今年こそはいい人と巡り合いたい!!切羽詰まった30男は伊勢市駅

戻り、二見浦までの切符を購入するのでした。(後編に続く)

 

 

 

 

kindle paperwhiteを1年使用してわかった電子書籍のイマイチな点

読書

こんにちわ。読書が趣味で毎年100冊以上(少ない?)を目標にしていますが
年々、読書量が減っているキクヤです。

昨年末にkindle paperwhiteを購入し、電子書籍を導入して1年が経過しました。
今回は、自分で使ってみて感じた電子書籍のイマイチな点を書いてみます。

 

著者が使っているkindle paperwhite

f:id:kiku0309:20170128104539j:plain


最初に断っておきますが、kindleをはじめとした電子書籍には
概ね満足していますし、恩恵も感じています。

しかし、やはり紙の本に慣れ親しんだ世代としては

不満を感じる点もありました。


デメリットというほどではありませんが、

「ここがイマイチだなぁ」と思った点を書き連ねてみたいと思います。

kindleのここがイマイチ!

使ってみて感じたのは以下の3点です。

1.読んだ量が直感的にわからない

2.流し読みができない

3.ついつい本を買い過ぎてしまう

 

1.読んだ量が直感的にわからない

長編小説を読んでいると特に顕著なのですが、
どのくらいまで読み進んだのかが分かりにくく感じます。

画面上には進捗率が表示されますが、
分厚い小説を読んでいて感じる
「ようやく半分まで来た!」「もう少しで物語が終わってしまう~」といった
達成感のようなものが感じにくいのです。

本は内容が楽しめればいいという人もいるかと思いますが、
読んだ量を直感的に感じることができないのは、
電子書籍ならではの弱点ではないでしょうか。

2.流し読みができない

書店で本を購入するとき、私は手に取ってパラパラとめくって
内容を確認するのですが、電子書籍ではそれができません。

サンプル配信はほとんど目次と序盤くらいなので
本全体の内容を確認するには物足りません。

特定のページにジャンプする機能はありますが
やはり本全体を俯瞰する場合は、紙の本に軍配が上がるのではないでしょうか。

3.ついつい本を買い過ぎてしまう

データで本を購入する形になるので、
モノを購入しているという感覚は希薄になります。
まだ読んでいない本もあるのに、ついつい買ってしまい、
後で請求書を見て愕然とすることもあります。

本に投資することを惜しんでいるわけではありませんが、
買い過ぎることに関しては十分注意が必要です。

 

それでもkindleを手放せない!

以上が1年間kindle電子書籍を使って私が感じたデメリット
(反対に紙の本のメリットとも言えますが)になります。

しかし、それでもkindleを使い続けるのは、
電子書籍ならではのメリット(かさばらない、紙の本より安価とか…)が
あるからなので、それぞれの長短を活かしながら、
より快適な読書ライフを送りたいものです。